転職を迷っているあなたへ

単純作業の繰り返し、毎日がつまらないし気分が落ち込む。そろそろ転職して、やりがいのある仕事しませんか?

更新日:

 

あなたの今の仕事、自分のためになっていると思えますか?

 

世の中には色んな仕事がありますが、大きく分けると2種類です。

自分のためになる仕事と、何の成長にも楽しみにも繋がらない消耗するだけの仕事。

あなたの仕事は、どちらでしょうか。

 

あなたは自分の仕事が楽しいですか?

その仕事で、自分が成長できていると感じていますか?

ひょっとして、周りと比べて「自分だけが、単なる”作業”をして毎日を過ごしている」なんて思っていませんか。

 

そんなことはない。今の仕事、とってもやりがいがある!

そう胸を張って言える方は幸せですね。是非、その調子で成長を続けていってください。きっと、今の職場でどんどん活躍ができるはず。そっちで頑張ってくれ。

 

これから僕が話をしたいのは、そういう人たちではありません。

今の仕事がつまらなくて、辛くて、何もやりがいを感じられなくて、でも誰にも相談できない。弱いところを見せたくない。

そんなあなたです。最初の職場での僕のような、そんなあなたに僕は話がしたい。

 

僕の話を聞いて、あなたが少しでもこれからに希望を持つことができたら。

そう思ってます。

 

単純作業の繰り返し、やりがいも成長もない”作業”は本当につらい

単純作業の繰り返しは、本当に辛い。いや、辛いという表現で収まりきらないほどです。

自分そのものを否定されているような、相手がこちらのことを何も考えていないことに対する怒り、そんな状況にいる自分に感じる焦りと情けなさ。

そのつらさは、僕にもよくわかります。なぜなら、僕も最初の会社で同じ思いをしていたからです。

 

僕が最初にいた会社はSIer、いわゆるシステム会社でした。

「お客さんの困っていることをシステムで合理的に解決する。どう考えてもやりがいのある仕事だ!」

そう息巻いていたことが、すぐ昨日のことのように思い出せます。懐かしいなぁ。

研修ではプログラムを組んだりして、それがパズルみたいに楽しくて。自分にとって天職かもしれない。そう考えていました。

 

でも、それは配属後すぐに裏切られることになります。そこから、僕にとって地獄のような、それこそ生きながら死んでいるような毎日が始まるのです。

 

配属先での僕の仕事はシステムのテストでした。

既に出来上がっているシステムにバグがないかどうか、確認する仕事です。大事な仕事です。システム会社にとって、なくてはならない仕事。

毎日毎日、エクセルにテスト内容と想定される結果、そして実際の結果を書いていきました。何十行も、何百行も。

バグがあれば、報告。協力会社に修正を依頼し、それが戻ってきたらまたテストをします。もちろん、システムというのは全てつながっているので、関係のある箇所をまたやり直します。

これを延々と繰り返し、システムが出来上がったら。お客さんに納品する前に、出荷前テストをするのです。散々やったことを、また。

 

ちょっとこれを書いているだけでも心の何かが閉じていくような、顔の半分まで沼につかっていくような気分になってきました。とりあえずここまでにしときますね。つらいから。

このような仕事をしながら僕が感じていたのは、

 

なんで僕は自分が作ってもいないシステムのテストを延々をやっているんだろう?

この作業をこの先もずっと、それこそ30,40歳になるまで続けるんだろうか?

他の人、仕事たのしそうだなぁ。なんで僕だけこんなに心がつまっているんだろう?

こんなことがしたくて、働いているのかなぁ。生きるのがつらいなぁ。

 

という思いでした。

文字にしてみると、またスゴいですね。完全に心をやられている。危ない。

これ以上、やっていけない。いや、やっていてはいけない。そんな思いが足の先っぽから胃のあたりまで積もっていったわけです。

そして、このような作業を3年間続け、年度末に3つのシステムのテストで心がぼろぼろになったところで、転職を決めます。遅い、遅すぎる。あとちょっと遅かったら、「絶対にあってはならないこと」をしていたであろう自信があります。当時はそんな精神状態だったから。

僕がどのように転職したかは下に書きますが、僕はこんな感じで単純作業に心を削られ、システム会社を去ったのです。

 

僕が経験した単純作業のつらさを書いてみましたが、どうでしょうか?

状況や仕事内容は違うにせよ、僕と同じように「もうやっていけない」という思いは身体に積もっているのではないでしょうか。

「なんとなく生きるのがつらいな」なんて思ってませんよね?それ、もう末期です。手遅れになる前に行動してください。その会社に命を捧げるなんて、アホ過ぎる。

 

じゃあ実際、僕がどんな感じに転職をしたのか。単純作業のクソみたいな仕事から抜け出した時のことを次に書きます。

 

転職エージェントに登録して、なすがままに。とにかく考えたくなかったし楽をしたかった

超簡単に言うと、転職エージェントを利用しました。リクルートとかDODAとかっていう、アレです。

ちなみに、転職サイト(リクナビNEXTとか)は使いませんでした。正直、自分で探すような覇気がなかった。自分だけでやろうとすると、面倒くさくなってもういいや、なんてことになりそうだったからです。

就活する時、リクナビとかで

  • 自分で求人を探して、
  • エントリーシート考えて書いて、
  • 面接の対策する

ってやりませんでした?僕、アレほんとに苦手だったんです。面倒だったし。

大学生で、勢いがあった当時だからできたものだと思ってます。単純作業で心が削れて、閉じかけてる状態じゃ絶対にできない。そう判断したわけです。

 

実際、その判断は正解でした。やっぱりエージェントがいると違う。

僕の担当はリクルートエージェントのTさんっていう女性だったんですが、この人がホントに話しやすい。超身構えて面談に臨んだんですけど、ちょっと拍子抜けでした。

ホラ、上にも書いたように僕はずっとテストっていう「誰にでも出来るような単純作業」をやってきたわけじゃないですか。周りの同期が客先訪問とか、システム導入の打ち合わせなんかしてるのを横目に見ながら。

だから、エージェントにも「実績が無いと難しいですね。3年もいたのに、こんな経歴しかないんですか?」ぐらいのことは言われる覚悟をしていました。

 

でも実際は、僕の経歴を確認した上で

  • 僕がやりたいことは何か
  • それを叶えるにはどの業界を狙うべきか
  • こういう求人なら経歴が評価されるかもしれない

ということについて話し合いをしてくれました。正直、かなり救われましたね。僕のやってきたことも一応、無駄じゃなかったんだっていう。

当時、僕は営業をやってみたかったので(お客さんとの折衝、ていうのをしてみたかった)それをベースに求人を探していくことに。

結果、いきなり無関係なメーカーの営業を目指すよりも「ITの知識を活かせるネットワーク機器の営業」をメインに攻めることになりました。そしてこの作戦は、見事に実を結びます。

最終的に2社内定をいただいて、給料の多い会社を選びました。この会社は今は退職してしまいましたけど、ここでの経験は今の自分につながっています。

 

たぶん、僕が一人で転職活動をしていたらやみくもにメーカーに応募していたと思います。何も考えたくなかったし。

誰かと話しながら、転職の戦略とか方針を決めていくってやり方、ホントにおすすめです。その間は心も少し軽くなってたように思えます。

やっぱり人間、気持ちが地面に張り付いているような時に一人で行動できるわけないんですよ。Tさんはそれを教えてくれた。

Tさん、ほんとうにありがとう。あなたのおかげで、今は毎日楽しく働けています。命の恩人と言っても良いかもしれない、割とマジで。

 

もちろん、僕の担当であるTさんが超優秀なコンサルタントだったからこその成功であって、担当者によってはこんなにうまくいかなかったかもしれない。

何となく経歴について言われるのが不安で、転職エージェントに会う勇気が出ないのもわかります。僕も割と踏み出せない性格だったし、じゃなきゃ3年もあんな作業なんかしていない。

それでも、一人で転職活動をするよりもずっといいです。気の持ちようが違う。成功率が違う。そして、「転職エージェントに登録した、僕はもうこの会社から出ていく覚悟があるんだ」と思えた時の、身体の内側がジワジワメラメラと燃えているような感覚が僕を奮い立たせた。

 

そして今、僕はちゃんとやりがいを持つことのできる場所で働けています。ちゃんと自分に裁量権があって、考えて、お客さんと折衝もする。今の僕の姿は、まさにシステム会社で延々とテスト作業をしていた僕が憧れていた、「仕事が楽しそうな人」そのものです。

 

ほんとうに、ほんとうに転職してよかった。勇気を出して、転職エージェントのTさんに相談してよかった。一歩踏み出す覚悟ができてよかった。

僕は、心からそう思っています。

 

まとめ:やりがいのない単純作業にあなたは向かない。一歩踏み出す勇気を持とう

今回は僕の経験をもとに「やりがいのない単純作業じゃなく、やりがいのある仕事をやろうぜ」という話をしました。

要点をまとめると、

  • やりがいのない単純作業はほんとうにつらい
  • そんな仕事を続けていくと、いずれ心がヤバくなる
  • 転職エージェントは心の支えになる、勇気を持て
  • 少なくとも僕は、転職してよかった。やりがいのある仕事ができてるから

という話です。エモいですね。

 

とにかく、今の仕事が単純作業でやりがいもない。心も最近弱くなってきた。そう思うなら、転職してやりがいのある仕事につくべきです。

実際にその過程を経験してきた僕が言うんです、これは間違いない。合わない仕事は人を苦しめて削っていく。でも、やりがいのある仕事は人を生き生きとさせる。

 

とにかく、かつての僕と同じような状況で苦しんでいるあなたはエージェントに相談する勇気を持ちましょう。この記事を読めるなら、まだ間に合う。ホントに手遅れになるとこんな文章すら読めなくなる。そうなったらもう、終わりしか無い。

「面談で何言われるかが不安」なんてちっぽけな心配で人生を棒に振るんじゃない。僕を見ろ、こんなに楽しく働いてる。あなただって、きっとこうなれる。約束する。

単純作業の繰り返し、クソ食らえです。自分が本当にやりがいを持てる仕事で働きましょう。

 

ちなみに、僕が最初の転職で利用したのはTさんがいたリクルートエージェントでしたが、他にもいくつか利用しています。

超大手なだけあって、求人数・信頼度に文句なし。エージェントの質も高いです。

 

そのへんの情報については転職エージェントをおすすめ順に並べた記事に書いてあります。選ぶのが面倒くさいって気持ち、よくわかる。だからおすすめ順に並べてあるんです。僕を信じろ。

ちゃんと見やすく色とか付けてます。安心して選んでください。

この記事を読んだあなたが、後悔しない選択・人生を送れること、祈ってます。

転職エージェント人気ランキング

1位:リクルートエージェント

  • 転職支援実績は圧倒の41万人!!
  • 非公開求人数は業界最多の10万件以上
  • 1977年から続く、信頼できる超老舗エージェント
  • 面接対策など、充実した転職サポート

2位:DODA(デューダ)

転職サイトはDODA
  • 求人数は業界最多クラスの10万件以上
  • 非公開求人が9割、DODA限定の優良求人あり!
  • コンサルタント(担当者)の質が高い

3位:パソナキャリア

  • 求人数は30,000件、半数以上が非公開求人!
  • 1988年からほぼ30年運営している老舗エージェント
  • コンサルタントのサポートが手厚いと評判

-転職を迷っているあなたへ

Copyright© 転職バイブル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.