飲食業界

飲食・外食業界(産業)に向いている人の特徴5つとは?転職する前に確認しておきましょう

更新日:

>>飲食特化型転職エージェントランキングはこちら<<

「飲食に転職したいけど、自分は向いてるのかな…?」

 

あなたが飲食・外食業界に転職を考えているなら、適性があるかどうか確認しておく必要があります。

というのも、飲食・外食業界はとてもキツい世界。向き不向きがはっきりしているのです。

もしあなたが向いていなかった場合、精神的・肉体的にダメージを受けて退職ということも十分に有り得ます。

そうならないよう、あなたが本当に飲食・外食業界に転職すべきかチェックしなくてはいけません。

そこでこの記事では、

飲食・外食業界に向いている人の特徴5つ

をご紹介します。

転職する前に、今の仕事を辞める前に確認しておきましょう。

 

飲食・外食業界に向いている人の特徴①:将来独立する意思がある

POINT

  • 飲食業で働く人が目指すべきは独立
  • 独立という目標は、辛さを「経験」にできる
  • 目標がない人は、いずれダウンする

飲食業で働く人が目指すのは自分の店を持つこと

人によって多少の違いはあれど、飲食業で働く人の目指すところは「独立」です。

要するに、自分の店を持つことですね。雇われるのではなく、自分の力で店を切り盛りすること。

なぜ独立する意思がある人が飲食業に向いているのか?

それは、

独立という大きな目標がある人は、困難に耐えて乗り越えることができる

からなのです。

 

独立という目標があれば、キツいことも「経験」と受け入れられる

飲食業は基本的に、キツい・辛いことがたくさんあります。

  • 立ちっぱなし、混雑による疲労
  • 長い労働時間による睡眠不足
  • 労働時間に対して低い給料
  • 理不尽なクレームによる精神的疲労

軽くあげただけでも、これだけキツい要素があります。

それでも、この業界で頑張れる人たちがいるのです。

彼らが頑張れる理由は、「この経験が独立した時に生きてくる」と確信を持っているからなんですね。

つまり、今の辛い状況は将来の独立・自分の店を持つために必要なことだという思い。

それこそが、飲食業で働く人を支えているのです。

 

目標を持たずに飲食業で働く人は、いずれダウンする

もちろん、そうした「独立」という目標を持たずに働いている人もいるでしょう。

しかし、そうした人たちはいずれダウンします。

ひたすらに辛いこの業界で、自分がなぜ頑張っているかわからなくなってしまった時。

精神的・肉体的にダメージを受けた自分を支える目標がない時。

人は、簡単に崩れてしまいます。

 

もしあなたが、「いずれ独立したい・自分の店を持ちたい」という意思がない場合、飲食業界への転職は止めておいた方が良いでしょう。

飲食業界は、普通のサラリーマンとして働く場合とは違うのです。

自分を支える目標が無ければ、いずれ耐えられなくなる業界なのですから。

 

飲食・外食業界に向いている人の特徴②:体力・精神力に自信がある

POINT

  • 飲食業は体力が超重要
  • クレーマー耐性としての精神力も求められる

飲食業において体力は超重要

飲食業は体力勝負です。

  • 立ちっぱなし
  • 客が入ると忙しい
  • 客がいない時は仕込み
  • 閉店したら掃除

とにかく、いっぱいやることがある上に全部体を使う系の作業。

労働時間も長いですし、体力が無ければやっていけません。

「数時間立ちっぱでもキツい…」

という人には、飲食業は向かないでしょう。辛いだけです。

 

精神力も超重要

もちろん、精神力も超重要です。

飲食業というのは基本的にBtoC。お客様と直接触れ合うのでクレームなどがダイレクトに飛んできます。

ちなみに、クレーム自体は悪いことではありません。店にとって改善のポイントでもあるわけですからね。

しかし、中には文句を言いたいだけのモンスタークレーマーもいるんです。

そうなると、メンタルとして求められるのは

  • まっとうなクレームは真摯に受け止める
  • 理不尽なクレームは適当に聞き流す

という力です。これ、結構精神力を使います…

逆に言えば、こうしたクレームに対するストレス耐性があるなら、飲食業の素質があると言えますね。

 

飲食・外食業界に向いている人の特徴③:お客様のことを真剣に考えられる

POINT

  • 飲食業はお客様と直接ふれ合う仕事
  • 「手抜き」はお客様に伝わる
  • 「何をしたらお客様のためになるか」考えられる人は飲食業に向いている

飲食業はお客様と直接ふれ合う仕事

上にも書いた通り、飲食業はお客様と直接ふれ合うことの多い仕事です。

お客様のことを考えた仕事をすれば、リピーターになってもらえて売り上げが上がります。

逆に、お客様のことを考えなければ徐々に客足は遠のいていくでしょう。

常にお客様のことを考えて仕事をする、というのは結構大変です。

「ちょっとくらい…」と手を抜いてしまいたくなる気持ちもわかります。

しかし、そういった「わずかな手抜き」をお客様は見ているものです。

 

「お客様のために」を考えられる人は、成功する

  • 入り口はもっと清潔感が必要じゃないか?
  • 一人用の席があった方が入りやすいんじゃないか?
  • メニューはもっとわかりやすくした方がいいんじゃないか?
  • トイレの案内板、わかりにくくないか?

こうした「何をしたらお客様のためになるか」考えるのが楽しい・苦にならない人は飲食業に向いてます。

お客様が気持ち良く店を利用してくれれば、ストレスの原因になるクレームも減っていきますしね。

そして、お客様のことを考えて仕事をした経験は、独立する際に必ず力になります。

 

飲食・外食業界に向いている人の特徴④:コスト感覚がある

POINT

  • 利益率など、コスト感覚がある人は飲食店経営の素質あり
  • コスト感覚は身につけることができる
  • コストについて考えるのが面倒と思うなら、飲食店経営には向いていない

飲食業も商売、コスト感覚が必要

少しビジネス・経営的な内容になりますが、飲食業はコスト感覚も大切です。

商売ですから、利益を上げなくてはいけません。

利益を上げるために大切なのは、コストを抑えて高い値段で売ることです。

もちろん、お客様に満足してもらえる商品・サービスを提供することが大前提です。

普通に働いている時も、

「この商品は利益率が高い、しかも満足度も高い」

「この商品は良く売れるけど利益率が低い。付加価値をつけて値段を上げてはどうか?」

というコスト感覚を持って仕事ができる人は、飲食業を経営する素質があります。

 

コスト感覚は身につけることができる

普段からコストについて考えられる人は、確かに飲食業に向いています。

しかし、もし今のあなたにコスト感覚が無くても、飲食業に向いていないというわけではありません。

なぜなら、コスト感覚は意識することで身につけることができるからです。

「今度からコストについて考えながら働いてみよう」

と思えるなら、あなたは飲食業に向いています。無いなら身につけよう、という意思が大切なのです。

逆に「コストとか面倒だから考えたくない…」と考えるなら、飲食業の経営には向いていないでしょう。

 

飲食・外食業界に向いている人の特徴⑤:食べることが好き

POINT

  • 料理・食べることが好きというのは飲食業をするなら重要
  • 好きなことに関する仕事は楽しいもの
  • その楽しさはお客様にも伝わる

食べることが好き、ということ。

これが、飲食業で働く上で最も大切なことかもしれません。

ものを売る際に重要なのが、「その商品を愛しているか?」という点です。

飲食業であれば、「料理・食べることが好きか?」と言い換えることができますね。

自分の好きなことに関係する仕事というのは、とても楽しいものです。

そして、その楽しさはお客様にも伝わります。もちろん、いい意味で。

自分が店を利用する時も、店員さんが楽しそうなら「またこの店に来ようかな」という気分になりませんか?

飲食業で働くなら、食べることが好きというのは必須と言えるでしょう。

 

まとめ:3つ以上あてはまるなら、あなたは飲食業に向いている

今回は、飲食・外食業界に向いている人の特徴を5つご紹介しました。

  • 将来独立する意思がある
  • 体力・精神力に自信がある
  • お客様のことを真剣に考えられる
  • コスト感覚がある
  • 食べることが好き

 

これらの特徴のうち、3つ以上当てはまるなら飲食業に向いていますね。

実際に働き出しても、早くから活躍できるでしょう。

逆に1つも当てはまらなかったら、飲食業で働くのは諦めた方が良いです。おそらく、あなたにはもっと違う仕事・業界の方が向いてます。

仕事には向き不向きがありますから、それは仕方がありません。

 

飲食業に向いている人の特徴に多く当てはまったあなた。

より良い環境・会社に就職できるように、就職支援サービスを利用しましょう。

今まで書いたように、飲食業はキツいところが多いです。

しかし、それは運営する会社によって変わってきます。

ブラックな会社に入ればただ使い捨てられるだけですし、良い会社に入れば成長・独立のキャリアを積むことができるんです。

そうした「良い会社」に入るなら、就職支援サービスは必須。

たとえばエフジョブは、就職支援をしてくれるコンサルタントがいますから、あなたにとって最も良い会社の求人を提案してくれます。

しかも、書類の書き方を教えてくれたり、面接のアドバイスまでくれるんです。

そして、利用は無料。飲食業への就職を成功させたいなら、使わない理由はないでしょう。

 

ちなみに「登録が面倒くさそう」と思うかもしれませんけど、とっても簡単です。

公式サイトで名前やメールアドレスなどを入力して送信するだけ。

多分、1分もかからずに登録できてしまうはずです。

 

自分に最も合った会社で、幸せに働くために。

こうした就職支援サービスの利用を、是非おすすめします。

 

>>飲食特化型転職エージェントランキングはこちら<<

 

転職エージェント人気ランキング

1位:リクルートエージェント

  • 転職支援実績は圧倒の41万人!!
  • 非公開求人数は業界最多の10万件以上
  • 1977年から続く、信頼できる超老舗エージェント
  • 面接対策など、充実した転職サポート

2位:DODA(デューダ)

転職サイトはDODA
  • 求人数は業界最多クラスの10万件以上
  • 非公開求人が9割、DODA限定の優良求人あり!
  • コンサルタント(担当者)の質が高い

3位:パソナキャリア

  • 求人数は30,000件、半数以上が非公開求人!
  • 1988年からほぼ30年運営している老舗エージェント
  • コンサルタントのサポートが手厚いと評判

-飲食業界

Copyright© 転職バイブル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.