転職お役立ちコラム

転職活動はどのような流れで進むのか?5つのフェーズに分けて解説します

更新日:

 

「転職活動って、どんな流れで進めればいいの?」

 

初めての転職活動、こんなふうに悩んでしまうことと思います。

確かに、「みんな一斉に決まった流れで行われる就活」と違い、転職活動がどのように進むかはあまり知られていません。

だからこそ、転職に対して少し怖いイメージを持ってしまう気持ちもわかります。

でも、転職活動もある程度パターンがありますし、それを知っていればあまり怖がる必要もありません。

今回は、私自身の経験も交えて

転職活動の流れを5つのフェーズに分けて解説

したいと思います。

これから転職活動をされる方は、是非参考にしてください。

 

転職活動の流れ①:準備・自己分析・業界研究フェーズ

POINT

  • 自分は転職すべきか、やりたいことは何か分析するフェーズ
  • 自分のやりたいことができる業界についての理解を深める
  • 転職活動の軸を決める重要なフェーズ

まずは、転職すべきか・やりたいことは何か自己分析する

最初のフェーズが、この準備・自己分析・業界研究フェーズです。

後々の転職活動の軸を決めるフェーズですので、とても重要と言えます。

ここで、まずは「転職すべきか(その理由)・やりたいことは何か」を決めましょう。

例えば、

  1. つまらないから転職したい→なぜつまらないのか?
  2. 自分のやりたい仕事ではないから→やりたいことは何か?
  3. 〇〇がやりたい→それができる業界はどこか?

というふうに「なぜ?何?」とあなた自身に問いかけて、あなたの転職の軸(本心)を見つけましょう。

この問いかけによって、

  • 仕事そのものが嫌で転職したい(異業種へ転職)
  • もっと興味のある仕事があるから転職したい(異業種へ転職)
  • 仕事は好きだが会社が嫌で転職したい(同業他社へ転職)
  • 年収を上げたいから転職したい(より高待遇の企業へ転職)

上のような転職の軸(本心)を見つけることができます。

軸が定まったら、業界についても軽く見ておきましょう。

 

転職の軸に合う業界を調べる

転職の軸が決まったら、その軸に合う業界について調べましょう。

同業他社への転職の場合は、あまり気にしなくても良いでしょう。経験してきたあなた自身が一番よくわかっているはずですからね。

逆に、異業種への転職の場合はよく調べておく必要があります。

というのも、業界によっては「特定の資格が必須」ということもあるのです。

その場合は先に資格を取る必要性も出てきますので、「会社を辞めずに資格を取ってから、転職活動を開始する」という進め方をおすすめします。

 

転職の軸が決まり、業界についての知識を付けたら、次は転職エージェントの力を借りましょう。

 

転職活動の流れ②:転職エージェントに相談フェーズ

POINT

  • 大手と中堅1つずつ登録しておくのがおすすめ
  • 転職エージェントは面倒事を引き受けてくれる
  • 面談をしつつ、応募する求人を選ぶ

 転職エージェントは大手・中堅1つずつ登録がおすすめ

転職の軸・業界について知識を付けたら、転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは数多くありますが、

それぞれ1つずつ、大手と中堅に登録しておくことをオススメします。

理由としては、それぞれ

  • 大手は求人数が多い代わりにサポートが少し軽い
  • 中堅は求人数がそこまで多くない代わりにサポートが手厚い

という強み・弱みがあるため、それらをカバーし合えるためです。

登録自体はどれも「必要事項を入力・送信」するだけですので、とても簡単です。

3分もあれば登録完了できてしまうでしょう。

下に公式サイトへのリンクを貼っておきましたので、ご利用ください。

リクルートエージェントに登録する

DODAエージェントサービスで転職

パソナキャリアに登録する

アイデムスマートエージェントに登録する

 

また、転職エージェントをおすすめ順に並べた記事もありますので、あわせてどうぞ。

 

転職エージェントはこちらの面倒事を引き受けてくれる

転職エージェントを利用して何が一番助かるかというと、

面倒ごとを代わりにやってくれる

ということですね。

  • 自分に合った求人探し
  • 求人への応募
  • 職務履歴書のアドバイス
  • 面接のスケジュール設定
  • 面接練習・アドバイス
  • 面接後の企業へのプッシュ
  • 給与・入社日の交渉

これらを全て、エージェントが行ってくれます。

特に、面接のスケジュール設定や給与・入社日交渉には助けられました。自分ではやりにくい部分ですしね。

次のフェーズでも書きますが、面接のアドバイス・フィードバックを貰えるのもありがたいポイントです。

 

転職エージェントと相談し、応募する求人を決めよう

転職エージェントに登録すると、大体1週間以内に電話・メールで連絡がきます。

そこで面談の日程を決め、エージェントとの面談に臨みましょう。

面談の際は職務経歴書などが必要になる場合があります。その際はエージェントが教えてくれるはずですので、聞き漏らさないようにしましょう。

ちなみに、エージェントの方は皆優しい人ばかりでしたので、心配しなくても大丈夫です。

フェーズ①で決めた転職の軸や、希望する業界については「エージェント登録時」や「日程を決める時」に話していると思うので、面談は比較的スムーズに進むはずです。

エージェントのアドバイスなどを聞きながら、応募する求人を決めていきましょう。

 

※ちなみに私はこの流れで転職活動をしましたが、最初から転職エージェントに軸決めを手伝ってもらうのもアリです

 

転職活動の流れ③:求人選定・面接フェーズ

POINT

  • 応募する求人を決めたら、応募やスケジューリングはエージェントがやってくれる
  • 応募書類に関しても、エージェントに添削してもらえる
  • 面接は練習・アドバイスを受けてから臨むべき

エージェントのアドバイスをもとに、応募する求人を選定

エージェントと面談をしつつ、応募する求人を選定します。

事前に伝えてある転職の軸・希望業界に沿った求人をエージェントが紹介してくれますので、まずはその中で希望に合う求人があるか確認してください。

紹介してくれる求人は優良なものが多いですが、気になることがあれば遠慮なく聞きましょう。

また、自分の中でぴったりくる求人が無ければ、そのことを伝えて違う求人を紹介してもらうべきです。

あなたはエージェントを利用する側です。そこを勘違いして、変にエージェントに遠慮してはいけません。

妥協せず、あなたの希望に合っている求人を選ぶ姿勢が大切です。

「是非応募したい!」と思える求人が見つかったら、エージェントにその旨を伝えましょう。

応募手続きに関してはエージェントが行ってくれますので、あなたがすることは応募書類作成(職務経歴書など)のみ。

応募書類についても、エージェントが添削を行ってくれます。ですので、「書き方がわからない…」と不安になることはありません。

求人への応募が完了したら、いよいよ面接です!

 

面接は練習・アドバイスを受けてから臨もう

面接は、必ず練習・アドバイスを受けてから臨みましょう。

なぜなら、転職の面接はキャリアに関する質問など「新卒の就活とは違う」ポイントが多くあるからです。

大体の流れとしては、

  1. 自己紹介・今の仕事について
  2. 転職理由・志望動機
  3. 転職先で歩みたいキャリアプラン
  4. その他面接官からの質問
  5. 転職の条件確認
  6. 応募者からの質問

といったものになります。

大まかな流れはこれですが、「同業他社への転職」「異業種への転職」などによって質問内容がかわってくることを頭に入れておきましょう。

よくある質問などについては、エージェントが教えてくれます。

しっかりとした答えを返せるように、準備をしておきましょう。

 

面接は自分を飾らず、堂々と

練習・アドバイスを受けたら、いよいよ転職先との面接に臨みましょう。

面接の流れなどは上に書いた通りですが、アドバイスをするとすれば

自分を飾らず、堂々とコミュニケーションをとる

ことを心がけてください。

面接とは、結局は相手とのコミュニケーションです。会話が盛り上がれば、内定の確率もかなり上がるのです。

基本的な受け答えは頭に入れつつ、面接官とのコミュニケーションを楽しみましょう。

 

ちなみに、各面接が終わるとエージェントからフィードバックをもらえます。

そのフィードバックをもとに、また次の面接に臨みましょう。

 

転職活動の流れ④:内定・転職活動続けるか選ぶフェーズ

POINT

  • 内定をもらったら、そこに行くか転職活動を続けるかの2択
  • 内定をもらった企業に行く場合、転職活動は終了
  • 転職活動を続ける場合、多少の期間は内定をキープしてくれることが多い

内定をもらったら、そこに行くか転職活動を続けるか選ぶ

面接の結果、企業があなたを欲しいと思ってくれれば、内定をもらうことができます。

おめでとうございますと言いたいところですが、ここで

  • 内定をもらった企業に行く
  • 転職活動を続ける

か選ぶ必要があります。

 

内定が出た企業に行く場合

内定が出た企業に行く場合、あなたの転職活動はほぼ終わりです。

おめでとうございます!お疲れ様でした。

後は、エージェントに

  • 入社希望日
  • 給与面の希望

などを伝え、交渉をしてもらいましょう。

入社希望日については、退職の都合もあるため1〜2ヶ月は融通が利くはずです。

できれば、休暇取得を考えて先に延ばしてもらうことをおすすめします。

給与面については、特に強い希望がある場合は交渉をお願いしましょう。

ただし、こちらは入社希望日のように融通が利くとは限らないので、そこは頭に置いておいてください。

 

転職活動を続ける場合

転職活動を続ける場合、しばらくは内定をキープしてくれます。

もし別の転職希望先に内定をもらえなかった場合、そちらに行くことができるようにしてくれることがおおいです。

しかし、あまり長い期間キープしてもらうことはできません。

相手の企業にも失礼になってしまうので、できれば「ここに内定が出たら行く!」という企業の求人にのみ応募しましょう。

 

転職活動の流れ⑤:退職準備・入社準備フェーズ

POINT

  • 内定が出たら、退職の準備・手続き
  • 入社日まで、羽を伸ばしつつ勉強もしておこう

転職が決まったら、退職の準備・手続きをしよう

転職活動が終わったら、今いる会社の退職準備・手続きを行いましょう。

会社に転職の旨を伝えていない場合は、このフェーズで伝えることになります。

この瞬間は、かなり気まずいですし辛いです。

しかし、もう転職先が決まっていることを伝えれば納得してもらえるはずです。

退職日を決め、それまでに

  • 担当している仕事の引き継ぎ
  • お世話になった方々への挨拶
  • 退職に関わる書類手続き

を完了させましょう。

退職するとはいえ、今までお世話になった会社です。最後まで、丁寧に仕事をしましょう。

 

退職後は、充電・準備期間にしよう

最終出社が終わったら、あなたは入社日まで自由です。

この期間に、思う存分好きなことをして充電しましょう。

とはいえ、転職先に関することは軽く勉強しておくのがベストです。

希望する会社で働くことができるのですから、その勉強だって楽しいはずですね。

羽を伸ばしつつ、勉強もして新しい会社・仕事へ思いを馳せましょう!

 

まとめ:転職は流れがわかってしまえば、怖くない

今回は、私の経験をもとにして「転職活動の流れ」5つのフェーズに分けて解説しました。

  1. 準備・自己分析・業界研究フェーズ
  2. 転職エージェントに相談フェーズ
  3. 求人選定・面接フェーズ
  4. 内定・転職活動続けるか選ぶフェーズ
  5. 退職準備・入社準備フェーズ

 

今回解説したように、転職活動は流れさえわかってしまえば怖いものではありません。

そして特に伝えておきたいのは、転職エージェントはほぼ必須ということです。

フェーズ②〜④を見てもらえば分かる通り、

  • 求人探し、選定
  • 求人への応募、面接のスケジューリング
  • 面接練習、面接のアドバイス
  • 面接後の企業への交渉

など、重要な箇所は必ずエージェントの力を借りています。

もちろん、これを個人でできる人もいるでしょう。

しかし、決して多くはありません。むしろ少ないはずです。

転職エージェントは、転職のプロです。無理して自分で全て行うよりも、プロの力を借りた方が楽に良い結果を迎えることができます。

変なところで、無理をする必要はないのです。

  • 転職の流れを理解し、
  • 転職のプロの力を借りて、
  • 転職を成功させる

これこそが、理想の転職活動です。

是非、このパターンで転職を成功させてください。

この記事が、あなたの転職の助けになることを祈っています。

おすすめ転職エージェント(大手)

おすすめ転職エージェント(中堅)

※大手・中堅それぞれ1つ以上登録しておくことをオススメします。

転職エージェント人気ランキング

1位:リクルートエージェント

  • 転職支援実績は圧倒の41万人!!
  • 非公開求人数は業界最多の10万件以上
  • 1977年から続く、信頼できる超老舗エージェント
  • 面接対策など、充実した転職サポート

2位:DODA(デューダ)

転職サイトはDODA
  • 求人数は業界最多クラスの10万件以上
  • 非公開求人が9割、DODA限定の優良求人あり!
  • コンサルタント(担当者)の質が高い

3位:パソナキャリア

  • 求人数は30,000件、半数以上が非公開求人!
  • 1988年からほぼ30年運営している老舗エージェント
  • コンサルタントのサポートが手厚いと評判

-転職お役立ちコラム

Copyright© 転職バイブル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.